なたまめ茶 効能 赤 白

なたまめ茶には赤なたまめと白なたまめがある!効能的にはどっちはいいの?

なたまめ茶の原料となっているなた豆で使われている
のは、「赤なたまめ」「白なたまめ」があるって
知ってましたか?

 

なたまめにも色々な種類があってなたまめ茶の原料となっているのは
「赤なたまめ」「白なたまめ」

「赤なため」には、タンニン・ポリフェノールが
「白なたまめ」よりも多く含まれている
とされているんですよ。

タンニンの効能
◇収れん作用
◇抗酸化作用
◇生活習慣病予防
◇整腸作用
◇美白効果
など

ポリフェノールの効能
◇殺菌作用
◇生活習慣病予防
◇抗酸化作用(細胞の廊下を予防)
◇ガン予防
◇ホルモン促進作用
など様々な効果

 

なたまめ茶 効能 赤 白でも、「白なたまめ」より「赤なたまめ」の方が
毒性が多く含まれているとも言われているんです。

 

毒性が多いなら白なたまめの方が安全なの?
って思うと思いますが、赤なたまめの毒性は、
炒る・焙煎などの工程によって、なくすことが
できるんです。

 

つまり、なたまめ茶の販売会社の適切な処理によって
「赤なたまめ」でも「白なたまめ」でも安心して
飲めるように加工されているということなんです。

 

そのため、どっちのなたまめ茶がいいのか?とは
言えないのが本当のところ。

 

肝心なのは、なたまめの種類ではなくなたまめの生産地・
・原料・製造方法・メーカーの方が重要なこと。

 

なたまめの製造方法によっては、効果の出方
変わってくるからです。

 

純国産原料で作られているから安心して飲めるなたまめ茶
はこちら・・・↓↓↓
>>薩摩なたまめ茶【公式サイト】