なたまめ茶の副作用

なたまめ茶の副作用

 

なたまめの中でもなたまめ茶の原料になっているのは「赤なたまめ」という種類のなたまめです。

 

赤なたまめには特有成分である「カナバニン」や「コンカナバリンA」という成分があり、これらが様々な症状に効く特別な成分なのです。

 

 

しかし、これらの成分は薬効が大きく、熟した種子などを加工せずそのまま口にすると下痢や吐き気といった副作用が起こることがあるそうです。

 

なたまめ茶はこのような副作用がないようきちんと加工処理してあるのでさほど心配されなくても大丈夫です。
心配な方は少量から飲み始めてみるといいかもしれません。


なたまめの副作用の危険度

大丈夫といわれても副作用という言葉から危険を感じてしまう人もいるかもしれません。

 

しかしなたまめは古くから漢方や薬の成分として使われてきたもので、決して怪しい成分ではないのです。

 

中国産なたまめは安いのですが、きちんとした会社の出す商品でなかった場合加工処理がされてなかったりして副作用がでることもあるようです。
本来、そこまで副作用を気にするものでもないのですが、心配であれば国産なたまめで国産の会社が出すなたまめ茶を選ばれるといいでしょう。