鹿児島薩摩ナタマメの効果

鹿児島薩摩なたまめの特徴

なたまめはもともと温暖な地方に生息するもので、江戸時代の初期に九州に伝えられてその栽培が定着しました。
暖かい鹿児島の気候も、薩摩の土壌も、なたまめ栽培にはとても適したものだったのです。

 

鹿児島県はシラス台地で、昔は海底だったために多くのミネラルが土壌に含まれています。
その土地で育ったなたまめもまた、多くのミネラルを含んでいます。

 

鹿児島は雨量も多く、土地の性質上降った雨が幾重にもなる土地の層をくぐりぬけて綺麗な湧き水になっています。
お酒造りにも適しているといわれる綺麗な水と薩摩の土壌で作ったなたまめは特別良質といわれています。

薩摩なたまめの効果

鹿児島薩摩原産のなたまめ茶はミネラルと様々な症状に有効な成分が入っています。
なたまめにしかはいっていないカナバニンと赤なたまめにしか入っていないコンカナバリンAのもつ効能で、鼻炎や口臭・蓄膿症・アトピー・痔などに効果があります。

 

飲み始めたら早い人はその日に効果を実感できるといわれており、何ヶ月も飲み続けなければわからないようなものではなく比較的早期に効果を実感できると思います。
ある程度年をとると大きな悩みがなくても日ごろ不快に思っていることは誰しもあるものです。
口臭や鼻づまりやタンのからみなどは病気とまではいかなくても日常生活で不便さを感じるものですから、その症状も軽減されるため大変人気があります。