なたまめ茶は口臭に効く

なたまめ茶で口臭が消える?

なたまめにはカナバニンという口臭を消す成分が入っています。

 

カナバニンはなたまめにしか入っていない特有成分で、口臭対策のお薬や歯磨き粉などに配合されています。
口臭を消す=カナバニン といってもいいほどの口臭に効果が高い成分なのです。

 

 

なたまめ茶はなたまめを主成分としているので飲むだけで口臭に効果があるお茶といわれています。
なぜ口臭が消えるのかという疑問にはカナバニンの体内の膿を出す効果に秘密があります。

 


口臭に効くカナバニンの効果

カナバニンは体内の膿を出す効果があるといわれています。
怪我をした箇所が化膿してしまうと黄色い膿がでますが、蓄膿症や歯槽膿漏も膿が原因で起こる病気です。
そして口臭も膿が原因で起こることが多いとされています。

 

口臭は大きく分けると生理的口臭と病的口臭に分けられます。

 

生理的口臭の一つに分類される膿栓による口臭
口臭の原因はこの膿栓による口臭が一番大きな割合を占めているといわれています。

 

膿栓とは喉の奥から出る膿の塊で、潰すと強烈な悪臭を放ちます。
歯磨きをしてもうがいをしても口臭が気になるという人は膿栓が原因の可能性が高いでしょう。

 

膿栓は誰でも持っているものなので病気ではないのですが、個人差により出来やすい人・環境などがあります。
これが口腔内にあると口のねばねばの原因にもなります。

 

膿栓は自分でとろうとするのは困難なもので耳鼻咽喉科などでとってもらうことができますが、口臭が気になるたびに耳鼻科にいくのも大変です。
なたまめ茶は自宅で手軽に飲めますし、カナバニンの効果によって膿栓の排出や口のねばつきに強力に作用します。